• ホーム
  • モデルハウスはお得?気になるメリットとデメリットとは

モデルハウスはお得?気になるメリットとデメリットとは

2019年09月14日
不動産スタッフと話している夫婦

注文住宅を選ぶときは住宅展示場のモデルハウスを見るのが便利です。そこでは各社の住宅を見学することができ、担当者の話を聞くことができます。住宅展示場やその他の場所で建築されるの展示用住宅は、展示の役目が終わると希望者に通常より安い価格で販売されることがあるのです。販売される展示用住宅には、間取りが確認できたり、家具家電付きだったりするメリットがあります。値引き交渉もしやすく、お得な場合が多いのです。多少古くなっていることや、手直し箇所が目立つなどのデメリットもありますが、概ねお得な買い物となります。

モデルハウスは各社が力を入れてつくったものです。間取りは現代の生活に対応し、仕上げや備品も良質なものが使われています。同じグレードで注文住宅を依頼した場合はかなりの高額となるでしょう。そのようなハイグレードな住宅を買い取れる機会はめったに無いはずです。家具家電付きで安いことは大きなメリットとなります。新築でないことのデメリットは気分的なことでしかなく、手直し箇所があることは値引き交渉に使えるでしょう。

モデルハウスには住宅展示場にあるものと、分譲地の中のものがあります。住宅展示場の展示用住宅は一般に面積が広く、仕様も豪華です。分譲地に建つ展示用住宅は身近な存在と感じられるよう、一般的な広さと仕様が採用されるのです。住宅展示場からの場合は敷地を自分で用意しなければならないこともあります。分譲地のものは敷地を含めた購入が必要となるのです。いずれの場合も抽選になることも多く、先んじて当選する必要があります。

展示住宅と注文住宅の違いはその間取りです。展示住宅は誰にでも共感してもらえる標準的な間取りが採用されていますが、注文住宅は施主の希望する間取りが採用されます。したがって、展示住宅は分譲住宅と同じく、間取りに生活を合わせる必要があるのです。どうしても自分の納得できる間取りとしたい場合は、注文住宅を求める必要があります。

展示用住宅を購入する場合は手直し箇所の負担割合やリフォームの必要性を検討することが大切です。汚れた部分がある場合は購入までにリフォームしてもらう方法もあります。設備機器はそのまま使えますが、足りないものがある場合は注文する必要があるのです。展示用住宅といえども、購入するからには希望する状態で引き渡しを受ける必要があります。制度上は新築ではなく中古の扱いを受けるので、税金等で注意が必要です。

関連記事
ハウスメーカー一条工務店の評判や口コミを調べてみた

一条工務店はハウスメーカーとして順調に業績を伸ばしてきました。求めやすい価格帯と免震装置などの最新技術をつかうところが特長です。口コミでは担当者の人柄の良さが投稿され、住み心地も良いと評判です。坪単価は業界の中では標準的な水準となっています。一条工務店は東海地区を地盤として発展したハウスメーカーです...

2019年10月15日
ハウスメーカー積水ハウスの評判や口コミを調べてみた

積水ハウスはハウスメーカーの草分けと言って良い存在です。高度経済成長期に大規模住宅地を開発するなどして業績を伸ばし、業界トップの地位に君臨しているのです。口コミの数は多く、評判も良好な内容です。仕様や坪単価は選択の幅が広く、どんな商品も取り揃えているのが特長となっています。ハウスメーカーの中でも積水...

2019年10月30日
ハウスメーカー住友林業の評判や口コミを調べてみた

ハウスメーカーは数も多く、それぞれに特長や坪単価が異なります。それぞれの会社の特長や坪単価を知り、口コミや評判を確認することは意味があります。住友林業は財閥系の資本によってつくられた会社として、実績を積んできました。自社所有の山林がある木造住宅が得な会社です。口コミの内容は良好で、木の香りのする伝統...

2019年09月29日
賃貸と持ち家はどっちがお得か比較してみた

住宅を所有形態で比較すると賃貸と持ち家に分かれます。毎月家賃を払って住む権利を得る賃貸と、所有権を持って自らが住む持ち家は大きく異なると言えます。賃貸はローンやメンテナンスの負担が無く、気楽に住むことができますが、高齢になってから新たに借りる場合は簡単ではありません。持ち家は資産としての価値を持ち、...

2019年08月30日