家について説明しているスタッフ

注文住宅の依頼先として考えられるのは、工務店とハウスメーカーです。どちらも依頼によって住宅を建ててくれますが、違いも大きいと言えます。両者は企業規模が異なり、営業エリアも同じではありません。間取りや工期の違いは少ないにしても、外観や仕上がりが異なる他、自由度にも違いがあるのです。アフターメンテナンスや保証期間も違いが出ます。

工務店は元々、大工の棟梁が各地で立ち上げた組織と言えます。日本では以前、家を建てるのが大工で、棟梁がそれを束ねていました。家を建てる人は棟梁に依頼し、棟梁は大工と職人を束ねて仕事を請け負うのが伝統的な家の建て方だったのです。戦後にハウスメーカーが出現したこともあり、大工も近代的な経営が求められました。棟梁を中心に大工や職人を組織化したのが工務店なのです。

工務店は従来の在来軸組工法により家を建てます。構造を除いては自由度が高く、間取りも施主の希望を聞いてくれます。施工には自信があり、仕上がりがきれいです。工期も厳格に守るなど、信頼できる近代的な組織形態をとっています。しかし工務店は企業規模が小さく、経営の安定度はハウスメーカーと比べて低いと言えます。依頼する場合は完成保証を付加してもらうなど、工事途中の倒産に対するリスクを管理する必要があるでしょう。

ハウスメーカーは企業規模が大きい近代的な会社組織です。顧客重視よりは利益重視の会社が多く、売り上げや経常利益の目標達成を目指しています。一般に技術力は高く、会社ごとに独自の工法を開発している場合がほとんどです。一方、営業範囲にはバラツキがあるケースもあり、アフターメンテナンスの確実な履行が課題となっています。

価格面では工務店がハウスメーカーよりも安いのが一般的です。ハウスメーカーは営業経費や住宅展示場の運営などで経費が必要となり、商品価格が高くなってしまいます。一方、工務店は会社経費があまりかからないので、価格が割安になるのです。営業マンはいないケースもあり、顧客とのコミュニケーションはスムーズでない場合もあります。

ハウスメーカーは高い技術力を生かして独自の商品を提供していますが、増改築はその会社しかできないケースがあります。一方工務店は伝統的な在来軸組工法を採用しているので、請け負った工務店以外でも増改築が可能となる特長があるのです。経営が安定し、品質も一律なハウスメーカーを選ぶか、地域に密着した伝統的な工務店を選ぶかは利用者が自由に決めることができます。

記事一覧
ハウスメーカー一条工務店の評判や口コミを調べてみた

一条工務店はハウスメーカーとして順調に業績を伸ばしてきました。求めやすい価格帯と免震装置などの最新技...

2019年10月15日
大阪でマイホームを建てる際におすすめのエリアをご紹介!

大阪でマイホームを建てる際におすすめのエリアは北摂と天王寺区です。北摂は、豊中市・吹田市・高槻市を含...

2019年11月16日
ハウスメーカー積水ハウスの評判や口コミを調べてみた

積水ハウスはハウスメーカーの草分けと言って良い存在です。高度経済成長期に大規模住宅地を開発するなどし...

2019年10月30日
ハウスメーカー住友林業の評判や口コミを調べてみた

ハウスメーカーは数も多く、それぞれに特長や坪単価が異なります。それぞれの会社の特長や坪単価を知り、口...

2019年09月29日
モデルハウスはお得?気になるメリットとデメリットとは

注文住宅を選ぶときは住宅展示場のモデルハウスを見るのが便利です。そこでは各社の住宅を見学することがで...

2019年09月14日
賃貸と持ち家はどっちがお得か比較してみた

住宅を所有形態で比較すると賃貸と持ち家に分かれます。毎月家賃を払って住む権利を得る賃貸と、所有権を持...

2019年08月30日